So-net無料ブログ作成

ビットコインでの最初の買い物はピザ2枚 [仮想通貨]

bitcoinPAKU6019_TP_V.jpg

こんにちは!

ユーヘイです。

ちょっときになるのは、ビットコインは誰が作った?


スポンサードリンク




ビットコインはインターネット上の取引記録なんですけど、誰がそんなもの作ったんだ?

サトシ・ナカモトさんです

へぇー 日本人 か 日系 の人なのか!やはり日本人はすごいな!

って思いますよね

実際は 国籍不明です。 ってか 本名じゃないかもだし、実在するかも不明
複数かも不明!
グリードアイランドの製作者かよ って感じです。

2008年頃にナカモト氏はビットコインの概要を関係者に発信しだして
2009年には誰でも閲覧できるインターネット上にビットコインのソフトをアップしています。

つまり、その頃から知ってる人はビットコインを手に入れられるようになったんですよね
だいたい8年前くらいです。

そんで、初めてビットコインが現物の支払いで使用されたのが2010年5月22日です。
当時は10,000BTCでピザ2枚の交換でした。
1BTC=0.2セント くらいだったそうなんで、10,000BTC=2,000セント=20ドル=2,200円
くらいです。

そんなBTCは2017年7月現在で
1BTC=2,500ドル=275,000円 くらいです

ぎょ!

やばいっすね、 たった7年で価値が100倍ですか?
ピザ200枚もいらなですよ

それだけ、みんながビットコインの価値を認めたということでもあります。

ただ、今の段階では、この価値の上昇に乗じて、特に送金とかに使うつもりもないのに
たくさん今のうちに買っておこうって人が多いようで、
実際の価値を反映した価格ではないかもしれません。

今後、もっとビットコインが世の中に普及して、世の中の10%くらいの人が使うようになれば
(クレジットカードとか電子マネーの利用者と同じくらいの割合の人が使えるようになれば)
価値が安定して、急に100倍の価値になったりするようなことはなくなると思います。

現在は、ビットコインの普及が始まってきたという段階なので、価格はかなり上下すると予想されます。
価値が100倍になる可能性もあるし、価値が100分の1になる可能性もあるのです。

つまり、現段階ではビットコインは投機として購入している人が多いです。
※投機とはギャンブル的に大儲けを狙って資金を投入する行為

まだまだビットコインを使って実店舗で決済できる場所って少ないんですよ
ビックカメラさんが一部店舗でビットコイン支払い可能になったとニュースになりましたが、
あれも、話題作りの側面が大きく、普及するのはもうちょい先です。

なので、ビットコインに興味を持って、ちょっと買ってみようかなと思う方は
余剰資金の中のさらに余剰資金で、別に無くなっても全く困らないお金で買ってください!
例えば1,000円とか!

10,000円分買って、次の日に100円になるとかマジでありえるからね!結構ショックでしょ?

静観するのもオススメです。何もしなけりゃ損しない。

しかし、何事もやってみなければわからないじゃないか!という意見ももちろん理解できます

なので、1,000円から始めましょう!
投資信託始めるのと同じです、少額から初めて勉強しながらコツコツ行きましょう!
ドラクエ作戦コマンドの「いのちだいじに」です。
僧侶は仲間に入れておきましょう。

ユーヘイ

関連記事
ビットコインの2つのメリット!

仮想通貨とはインターネット上での取引の記録です。


1時間でわかるビットコイン入門 ~1円から送る・使う・投資する~ (NextPublishing)

1時間でわかるビットコイン入門 ~1円から送る・使う・投資する~ (NextPublishing)

  • 出版社/メーカー: good.book
  • 発売日: 2016/10/14
  • メディア: Kindle版




にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ




スポンサードリンク





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0