So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年8月1日はビットコインにとって歴史的な日になる? [仮想通貨]

bitcoinPAKU6019_TP_V.jpg

こんにちは!

ユーヘイです。

2017年8月1日はビットコインにとって歴史的な日になる?


スポンサードリンク




ビットコインを持ってる人にとっては今(2017.7.22)めっちゃ気になるニュースが
2017.8.1にもしかしたらビットコインがなくなるかもしれない!
ってのがあるんですね。

うわー 出たー やっぱビットコインって怖ーい
そんななくなるかもしれないものやっぱ使えないジャーン

普通はそう思いますよね、ビットコイン持ってない人は今は買わないほうがいいと思います。
マジで今の時点ではビットコインがどうなるかわからないんです。

さてなんでなくなるかもしれないかってのを超ザックリ説明します!
なぜなら私も詳しくはわからないからです!なのでザックリ

まず、ビットコインのメリット2つを確認しておくと
①送金が早い
②送金手数料が安い

儲け話としては
③値上がりが期待できる

ですが、今日の説明で大事なのは①②ですね。
このメリットで、特に海外への送金が簡単になり世界のお金はより流動性を増します!
経済も潤うでしょう!

だんだんとビットコインが認知され、2017年は仮想通貨元年と言われるほど、利用者が増えました。
そうなると、必然的にビットコインの取引量が増えますよね
そうなると、だんだん取引の処理が追いつかなくなってきます。
送金が終了するまでに時間がかかるようになります。
早く送金をしたいときは多めに手数料を払わなければならなくなります。
それじゃ今までの銀行からの送金と一緒やんけ!

って状況になっちゃったんです!
つまり、ビットコインの”詰まり”の問題なんですね

これを解決しようとしてるんですが、この解決方法をどうするかで揉めてます
解決方法は主に2つ
①取引の処理能力を上げる(ハードフォーク)
②取引の情報量を下げる(ソフトフォーク)

さあ!よくわからなくなってきましたね!
なんだよフォークって!(フォークは食事に使うフォークと同意で”枝分かれ”を意味します。)

ビットコインの取引の処理を超ザックリ説明すると

私からあなたへ1BTC(ビットコイン)を送金を指示します、ポチッ
そうすると私の取引情報がインターネット上にある箱の中に入ります。
その箱の中に他の人の取引情報もどんどん入って、ある程度溜まったら箱にフタがされます。
この満タンの箱を情報処理して、取引を改ざんできない状態になれば取引完了です!
そしてこの箱をどんどん繋げていきます。
この一連の技術を「ブロックチェーン」と言います。

んでね
もうちょい頑張ってね

詰まりの問題を解決しようと思ったら
①箱を大きくする → 取引の処理能力を上げる(ハードフォーク)
②1つの取引を小さくする → 取引の情報量を下げる(ソフトフォーク)

のどっちかをするしかないんですよね
①をした場合は箱の大きさが変わってしまうので、今までの箱にくっつけてチェーンにすることができないんです。そうなるともはや今までのビットコインではなくなり、全く新しい仮想通貨(ビットコインキャッシュ(仮))が誕生することになり、従来のビットコインの価値がなくなるかもしれません。

②をした場合は箱の大きさは変わらないので、今まで通りにチェーンを繋げることができますのでビットコインの存在は無くなりません、今まで通りに使えます。

今の段階では①の方がいい人も②の方がいい人もいるから、どっちになるかわからん!
ってことなんです。
その判断が下されるのが2017.8.1と言われています!

ということでビットコインの歴史の分岐点がすぐそこまで来ているのです!

※わかりやすい説明にするために用語の本来の意味からズレているものもありますが、ご了承ください。

ユーヘイ

関連記事
ビットコインでの最初の買い物はピザ2枚

ビットコインの2つのメリット!

仮想通貨とはインターネット上での取引の記録です。


1時間でわかるビットコイン入門 ~1円から送る・使う・投資する~ (NextPublishing)

1時間でわかるビットコイン入門 ~1円から送る・使う・投資する~ (NextPublishing)

  • 出版社/メーカー: good.book
  • 発売日: 2016/10/14
  • メディア: Kindle版




にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0