So-net無料ブログ作成
検索選択
海外サッカー ブログトップ
前の10件 | -

ネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍! [海外サッカー]

-shared-img-thumb-YAGI21511155615111556_TP_V.jpg

こんにちは!

ユーヘイです。

2017年の夏のサッカー界のトップニュースになりそうですね
ネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍!
これは歴史的です!

スポンサードリンク




ネイマールはブラジル代表で10番を纏い、リオ五輪の金メダル獲得などに貢献している
弱冠25歳のサッカー界のスーパースターです。

所属クラブはスペインのバルセロナ 
2014-15シーズンはチャンピオンズリーグ、スペインリーグ、スペインカップの3冠を達成するなど
世界ナンバーワンのクラブでレギュラーで活躍していました。

そんなネイマール君は少なくともあと5年はバルセロナでバリバリ活躍して
素晴らしプレイでファンを魅了してくれるものだと思ってました。

だって他のチームに移籍しても全部バルセロナより格下だもん
レアル・マドリードは唯一同格のクラブだけど、ライバルクラブに移籍するのはタブーだから
考えられない。

サッカーを志すものは皆バルセロナに移籍して、活躍することを夢見ているといっても過言ではない
それを体現していたはずのネイマール

なのに起ってしまった移籍・・
しかもキャリアの絶頂期である今になぜ?

考えられる理由はたくさんあるんですが、一番の理由はやはり

メッシの存在

バルセロナにはメッシがいる。
言わずと知れた世界ナンバーワンプレイヤーだ!
既に30歳になったメッシだが衰え知らずでゴールを量産、下部組織出身で
バルセロナの象徴と行ってもいい存在だ
そんなメッシと共闘できることはネイマールにとっても幸せだったはずだ
だが共闘して既に4年の歳月が流れネイマールの中では思いが募ったのだろう
メッシと共闘すれば多くのタイトルに恵まれるが、その中で自分がナンバーワンになる日は来ないと

良くも悪くもバルセロナはメッシのチームだ
いかにメッシを生かすか
いかにメッシに気持ち良くプレイさせるか
が戦術に組み込まれている。

メッシはあまり守備をしない、あまり走らない
彼の仕事はゴールを決めることだ、味方がボールを運び、自分がゴールできるポジションに向かう時だけ
素早く移動して、一瞬でゴールを決める。
それを可能にするために、無駄な体力は使わずに、極力サボる
これは最高の決定力があるメッシにだけ許された行動だ。
このプレイスタイルなら加齢による体力低下が来ても寿命は伸ばすことができる。
さらに、この戦術を実現させるためにメッシ以外のメンバーは献身しなければならない。
ネイマールとて例外ではないのだ

ネイマールは世界ナンバーワン選手になる素質があるが
現在はクリスティアーノ・ロナウドとメッシに次ぐナンバースリーの選手だ。
そしてバルセロナにいる限りネイマールがナンバーワンになることはない。
そして、ロナウドとメッシは明らかにゴール数が減って来ている。
2017-18シーズンはネイマールがロナウドとメッシのゴール数を抜く可能性がかなりある。
このシーズンにネイマールが自分が王様になれるビッククラブにいればナンバーワンも夢ではなくなる。

ってな感じに邪推したらパリ・サンジェルマン移籍はとても面白い!!

ネイマールの気持ち云々より、パリ・サンジェルマンの金遣いの粗さがやばいですが、レアル・マドリードに迫る銀河系軍団になりましたから、十分に世界ナンバーワンクラブになり得るでしょう!

今年も海外サッカーは面白そうです!


関連記事
バロンドールを取る方法は?

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バロンドールを取る方法は? [海外サッカー]

YAGI21511150615111506_TP_V.jpg

こんにちは!

ユーヘイです!

海外サッカーネタです。

世界最優秀選手が毎年1月に発表されます、いわゆるバロンドールですね。

近年はメッシかクリスティアーノロナウドのどちらかが取るという出来レースです。

他の選手にはほぼノーチャンスなんです、この状況の中、他の選手がバロンドールを取るには

どうしたら良いのか?それを考えて見ました!

スポンサードリンク




まずは歴代のバロンドール受賞者を見ていきましょう!

2016年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
2015年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2014年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
2013年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
2012年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2011年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2010年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)※FIFAバロンドール
2009年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2008年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/マンチェスター・U)
2007年 カカー(ブラジル/ミラン)
2006年 ファビオ・カンナヴァーロ(イタリア/ユヴェントス)
2005年 ロナウジーニョ(ブラジル/バルセロナ)
2004年 アンドリー・シェフチェンコ(ウクライナ/ミラン)
2003年 パヴェル・ネドヴェド(チェコ/ユヴェントス)
2002年 ロナウド(ブラジル/レアル・マドリード)
2001年 マイケル・オーウェン(イングランド/リヴァプール)
2000年 ルイス・フィーゴ(ポルトガル/レアル・マドリード)
1999年 リヴァウド(ブラジル/バルセロナ)
1998年 ジネディーヌ・ジダン(フランス/ユヴェントス)
1997年 ロナウド(ブラジル/インテル)
1996年 マティアス・ザマー(ドイツ/ドルトムント)
1995年 ジョージ・ウェア(リベリア/ミラン)
1994年 フリスト・ストイチコフ(ブルガリア/バルセロナ)
1993年 ロベルト・バッジョ(イタリア/ユヴェントス)
1992年 マルコ・ファン・バステン(オランダ/ミラン)
1991年 ジャン・ピエール・パパン(フランス/マルセイユ)
1990年 ローター・マテウス(ドイツ/インテル)
1989年 マルコ・ファン・バステン(オランダ/ミラン)
1988年 マルコ・ファン・バステン(オランダ/ミラン)
1987年 ルート・フリット(オランダ/ミラン)
1986年 イゴーリ・ベラノフ(ソ連/ディナモ・キエフ)
1985年 ミシェル・プラティニ(フランス/ユヴェントス)
1984年 ミシェル・プラティニ(フランス/ユヴェントス)
1983年 ミシェル・プラティニ(フランス/ユヴェントス)
1982年 パオロ・ロッシ(イタリア/ユヴェントス)
1981年 カール・ハインツ・ルンメニゲ(西ドイツ/バイエルン)
1980年 カール・ハインツ・ルンメニゲ(西ドイツ/バイエルン)
1979年 ケヴィン・キーガン(イングランド/ハンブルガーSV)
1978年 ケヴィン・キーガン(イングランド/ハンブルガーSV)
1977年 アラン・シモンセン(デンマーク/ボルシアMG)
1976年 フランツ・ベッケンバウアー(西ドイツ/バイエルン)
1975年 オレグ・ブロヒン(ソ連/ディナモ・モスクワ)
1974年 ヨハン・クライフ(オランダ/アヤックス)
1973年 ヨハン・クライフ(オランダ/アヤックス)
1972年 フランツ・ベッケンバウアー(西ドイツ/バイエルン)
1971年 ヨハン・クライフ(オランダ/アヤックス)
1970年 ゲルト・ミュラー(西ドイツ/バイエルン)
1969年 ジャンニ・リヴェラ(イタリア/ミラン)
1968年 ジョージ・ベスト(北アイルランド/マンチェスター・U-)
1967年 アルベルト・フローリアン(ハンガリー/フェレンツ・ヴァーロシュ)
1966年 ボビー・チャールトン(イングランド/マンチェスター・U)
1965年 エウゼビオ(ポルトガル/ベンフィカ)
1964年 デニス・ロー(スコットランド/マンチェスター・U)
1963年 レフ・ヤシン(ソ連/ディナモ・モスクワ)
1962年 ヨゼフ・マソプスト(チェコスロバキア/ドゥクラ・プラハ)
1961年 オマール・シヴォリ(イタリア/ユヴェントス)
1960年 ルイス・スアレス(スペイン/バルセロナ)
1959年 アルフレッド・ディ・ステファノ(スペイン/レアル・マドリード)
1958年 レイモン・コパ(フランス/レアル・マドリード)
1957年 アルフレッド・ディ・ステファノ(スペイン/レアル・マドリード)
1956年 スタンリー・マシューズ(イングランド/ブラックプール)

となっていまして
2008年〜2016年の9回中、5回をメッシ、4回をクリスィアーノロナウドが受賞してます。
2017年も二人のどちらかが受賞するのは濃厚なので、この10年間は彼ら二人のアンタッチャブル時代でした。
本当にすごい選手です。年間で50ゴール以上を約束してくれるんですから化け物ですよ。普通はリーグで20点も取れれば得点王確実ですからね、二人の所属するリーガエスパニョーラで得点王取るのは不可能です。アグエロやフォルカオが可哀想でしたよ
彼らをリアルタイムで見れることは本当に幸せなんですが、ぶっちぎりすぎてバロンドールの発表の時のワクワク感がないのが正直なところ、人間はよく深い生き物です。常にワクワク感を求めてしまうのです。なので、今後、この二人以外の選手がバロンドールを取るためにはどうすれば良いのかをついつい考えてしまうのです!

まずはバロンドールの選考基準ですが
かなりざっくりしていて、世界中のサッカー選手の中で記者が今年一番活躍したと思う選手に投票して、一番ポイントが多い選手がバロンドールを獲得するということです。

なので、投票者の個人の好みがめちゃくちゃ反映されるのですが、ほとんどはサッカーファンが皆納得するような結果になります!
そういう意味でメッシやクリスティアーノロナウドはゴールという数字での圧倒的な数字を残していますので文句のつけようがありません。
やはり、ゴールを決めやすいポジションであるフォワードや攻撃的なミッドフィールダーであることが必須条件と言えるかもしれません。
2004年 アンドリー・シェフチェンコ(ウクライナ/ミラン)はミランというビッククラブでゴールを量産したことが評価され、この年にチャンピオンズリーグを制覇したポルトのデコはその活躍度とゴール数は比例しなかったために受賞を逃したと考えられます。
2006年 ファビオ・カンナヴァーロ(イタリア/ユヴェントス)がDFであるにも関わらず受賞していますが、この年はW杯で堅守のイタリアが優勝を果たし、その要であったのと、あまりストライカーの大活躍が見られなかったのが相まっての受賞でしたから例外と言える年でしょう。
このようにW杯やチャンピオンズリーグなどの大きな大会で優勝したりすることもインパクトがあるので、バロンドールに選出されやすくなります。
バルセロナとレアルマドリーはチャンピオンズリーグで上位の常連で、常に優勝候補ですし、実際に最近は優勝しまくってます。

そしてあくまで、その年の1月〜12月に安定して活躍することが必要であると言えます。
シーズン自体は8月〜翌5月までですが、そのシーズンが良くても、翌シーズンの12月までは好調を維持しないと評価を落としてしまいます。
そして4年に1度のW杯とユーロが行われ、この二つは2年ごとに交互に行われることになります。
この2大会は特別ボーナスタイムです。ここで活躍できると、かなりバロンドールに近づきます。
この両大会に出場できるヨーロッパの国の代表選手になることがバロンドールへの近道とも言えます。

コパアメリカやオリンピックなどは大会のレベルがやや落ちると見なされてしまうので、上の2大会よりはインパクトに欠けるのです。

逆にW杯とユーロが行われない年は、それらに出られない国の有能選手にとってチャンスです。
主要リーグ(リーガエスパニョーラ、プレミアリーグ、ブンデスリーガ、セリエA、リーグアンあたり)かチャンピオンズリーグでの活躍が評価に重点を置かれます

あと、年齢はあまり関係ありません。移籍金は若い選手の方が将来性込みの金額になるため同じ能力の選手なら若い方が高くなる傾向があるのですが、あくまでその年1年間の成績のみが純粋に考慮されます。その年にピークがきた選手がバロンドールを狙える確率は高くなると思います。必然的に25〜28歳くらいの選手が対象になるかもしれませんが、2001年 マイケル・オーウェン(イングランド/リヴァプール)はわずか18歳で受賞しており、彼の生涯をトータルで見るとそれほどの選手ではなかったにしろ、この年だけ見れば相当な活躍をしましたからね

ここまでの条件をまとめると。
① ゴールゲッターである。
② チャンピオンズリーグと主要リーグで優勝できるクラブに所属している。
③ W杯とユーロに出場できる国の代表である。
④ 2シーズン以上安定した成績を残せる。
⑤ 年齢は関係なし。

ゴールは必要ですが、必ずCFである必要もないようです。
純粋なCFはロナウドくらいなもので、ウィングやセカンドトップ、2列目のミッドフィールダーの方がむしろバロンドールをとっている結果も見えます。
近年ではあらゆるポジションの選手がゴールする能力を求められますし、2列目の方がテクニックを有する選手が多く、観客を魅了するいわゆる”ファンタジスタ”の選手がいます、1998年のジダンはまさにファンタジスタでした、W杯優勝もあり、フランスの黄金期でしたね。

チャンピオンズリーグで優勝できるチームは限られます。
2004年のポルトが意外性がありましたが、それ以降は基本的には地力のあるクラブが優勝している印象があります。
現在では、レアルマドリー、バルセロナ、アトレティコマドリー、バイエルンミュンヘン、ユベントス、チェルシー、マンチェスターシティ、パリサンジェルマンあたりにしか可能性がないように思います。

W杯優勝を狙える国としては
ブラジル、アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、スペイン、ドイツ、フランス、ポルトガル、オランダ、ベルギーあたりです。

ここらへんまでで、スクリーニングをかけて、現在バロンドールを狙える選手をピックアップすると

ルイス・スアレス(ウルグアイ/バルセロナ)
ネイマール(ブラジル/バルセロナ)
ガレス・ベイル(ウェールズ/レアルマドリー)
マウロ・ディバラ(アルゼンチン/ユヴェントス)
イグアイン(アルゼンチン/ユヴェントス)
グリエーズマン(フランス/アトレティコマドリー)
アグエロ(アルゼンチン/マンチェスターシティ)
エデン・アザール(ベルギー/チェルシー)
ロベルト・レヴァンドフスキー(ポーランド/バイエルンミュンヘン)
トマス・ミュラー(ドイツ/バイエルンミュンヘン)
カバーニ(ウルグアイ/パリサンジェルマン)

あたりですね!
んーすでにピークを迎えた選手も多いので、あと2,3年のうちにメッシとクリスティアーノ・ロナウドを追い越す選手は正直いません。5年後ならディバラがかろうじて取れそうな気がするくらいでしょうか!

ということで最後の条件はこれ

⑥ メッシとクリスティアーノ・ロナウドのパフォーマンスが低下する。

根も葉もないですが⑥は必須条件ですね!


ユーヘイ


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


関連記事
EURO2016 優勝はポルトガル!

EURO2016を見て人種について思った事

スポンサードリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

16-17UCLは準決勝へ突入!優勝予想はユヴェントス! [海外サッカー]

YAGI21511150615111506_TP_V.jpg

こんにちは!

ユーヘイです!

久々に海外サッカーです!
16-17UCLは準決勝へ突入!優勝予想はユヴェントス!

スポンサードリンク




気づいたらベスト4まで決まってました!
ベスト8くらいで優勝予想しようと思ってたのに失敗しました!

今年もチャンピオンズリーグは熱いですね!
いい選手がいっぱい出てます!
ベスト4に残ったのは
レアルマドリー
アトレティコマドリー
ユヴェントス
モナコ
です!

マドリードの2チームはもはや常連さんですね!
アトレティコはシメオネ監督になってから、完全にメガクラブへと成長を遂げましたね。
常に良い選手を輩出し、移籍によって失いながらも新たな若い選手が出てくるという
好循環を果たしています!
フォルカオ、ジエゴコスタ、デヘア、クルトワ ちょっと前だとアグエロやトーレスなんかの
ワールドクラスを生み出してます。
今年もグリエーズマン、コケ、カラスコ、ゴディン、サウールあたりもワールドクラスと言っても過言ではないでしょう!良いメンバーですよね!高額な移籍金をかけないで、アトレティコで才能を開花させた選手ばかりなのが好感が持てます。
特にグリエーズマンはゴールゲッターとして素晴らしい選手になりました、マンUや禁断のレアルマドリーへの移籍の噂も絶えない、将来バロンドールを狙える選手です!
準決勝でもレアルマドリーを倒す予感がしますよ!

一方のレアルマドリーは昨年の覇者!
あのジダンが監督ではカリスマ揃いの銀河系軍団も素直に言うこと効くのでしょうか?
リーガでも首位だし好調です。
特にクリスティアーノロナウドは準々決勝のバイエルン戦では2戦合計で5ゴールと大爆発!
大一番に弱いとの前評判を覆しました!
バイエルンとバルサが脱落した今は優勝候補の筆頭と言って良いでしょう!

そして、今大会のダークホースはモナコです!
僕の記憶ではモナコがここまで勝ち残ったのはジュリなどを要した2004年あたりですね
その時はモウリーニョ率いるポルトの後塵を拝しましたが、当時も意外でしたね!
今回は何と言ってもムバッペの活躍が注目です!18歳のフランス代表が大暴れで、ファルカオが霞むくらいですよ!モナコが優勝すればムバッペの時代到来とか言われちゃいそう
ちなみに、ドルトムントのデンベレやマンUのマルシャルなど、フランス代表は10代のストライカーが豊富ですね!羨ましい!

最後にユーヴェですね
セリエAでは敵なしの状態でずーっと強いですが、チャンピオンズリーグでの活躍が回復してきたのは
2年前のバルサとの決勝まで行ったシーズンからですね!
テベス、ビダル、ピルロ、ポグバなどの主力選手を失いながらも、戦力をキープしていますね。
特に注目なのはアルゼンチン代表のディバラでしょう!
メッシ二世と言われますが(メッシ二世はいったい何人いるんでしょうか?)
かなり試合を支配するレベルになっている印象です、まだ22歳と若いのも良い!でも実績十分!
優勝して一気にバロンドール候補じゃないでしょうか!

どこも良い選手がいっぱいで見応えありです!
そんな中、私の一番の注目選手はディバラ!彼の活躍で優勝すると予想します!


ユーヘイ


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


関連記事
EURO2016 優勝はポルトガル!

EURO2016を見て人種について思った事

スポンサードリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

五輪サッカー、スウェーデン代表はH&Mがスポンサー [海外サッカー]

キャプチャ.PNG

こんにちは!

ユーヘイです!

リオオリンピックの男子サッカーは残念ながら1次リーグ敗退でした。
初戦を落としてしまったのが痛かったですね。
リオ世代の今後の活躍に期待です。

最終戦はスウェーデンとの対戦でしたが、ユニフォームに気になる点が!
ユニフォームはスポーツブランドが提供するので、アディダスとかプーマとかのロゴが選手の胸あたりに
あるんですが、スウェーデンはなんとファストファッションの雄であるH&Mでした!


スポンサードリンク





なんだかプレイよりH&Mの方が気になってました(笑)

日本でもユニクロがテニスやゴルフにサプライヤーしてますが、
正直、カタカナで”ユニクロ”って書いてるユニフォーム着てる錦織やジョコビッチ選手をみても

ダサい・・・

って思ってしまいます。
選手自身はカッコいいし、ユニクロの素材はとっても機能的で汗かいたときの気持ち悪さが極力なくて最高であることは間違いないと思うのですが、
ただロゴが・・・

日本のメーカーでもmizunoやasicsは全然カッコいいと思えるのですがね、‘UNIQLO‘ならまだ許容できるのかもしれません。
そんな中なので一際H&Mは目を引きました。


まあそんなこんなで、ファストファッションもスポーツウェアには力を入れているので、今後もサプライヤーとして進出してきそうですね!

スペインのZARA、アメリカのGAPなどのユニフォームも見れるかもしれません。

そう考えれば、国を代表してるわけですから、自国のメーカー製のユニフォームやアイテムを着用するってのは本筋ですもんね。
ただ、選手個人が契約してたり、フィットするアイテムが違うはずなんで、強制するのは酷でしょうが、私は自国メーカーいいなあと思いました。

私はH&MのTシャツを1枚もっていますが、vネックの無地の爽やかなブルーで肌触りがよく夏に重宝していますが500円と非常にリーズナブルでした!
今後もお世話になりそうです。

ユーヘイ


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


関連記事
EURO2016 優勝はポルトガル! 


スポンサードリンク



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヨーロッパサッカーの移籍中間まとめ [海外サッカー]

-shared-img-thumb-YAGI21511151815111518_TP_V.jpg

こんにちは!

ユーヘイです!

ヨーロッパサッカーの各クラブは順調に補強を進めていますね。

まだまだ移籍市場でなにがおこるかわかりませんんが、まとめておきましょう!


スポンサードリンク




まずは、毎年タレントが豊富で面白いプレミアリーグです。

来季はまず、監督が豪華!モウリーニョとペップのマンチェスターダービーが実現するし、コンテ、クロップ、ポチェッティーノ、王者のラニエリと、監督だけでもビックネームが揃う陣容。

補強はかなり進んでいます!

マンUはチャンピオンズリーグ出れないけど、イブラヒモビッチを筆頭に、ドルトムントで年間32アシストを記録したムヒタリアンもゲット、バイリーという若手のDFも取りました。
補強のせいで、マルシャルやラッシュフォードなどの若手の台頭を妨げかねないかなとの心配もありますね。
ルーニー等との既存戦力との連携がカギですね。モウに冷遇されているマタは放出ですかね、いい選手なのに。
まだ決まってないけど、ポグバの獲得もあり得る!ワールドクラスのタレントが集結しつつありますね!

マンCはギュンドアン、ノリートを獲得。既存戦力がタレント豊富なので、ペップが生かしてくれるでしょう!
さっそくフェルナンドをCBで試すなど、ペップ色の強いプレシーズンを送っているようです。
ヤヤトゥーレがペップとの相性良くないので移籍の話題が絶えません。
さらにブラジル期待の神聖ガブリエル・ジェズス19歳も獲得、やや選手が飽和状態な気もします。

チェルシーは、昨年、大失態でしたが、とくに今のところ選手の放出はなし、獲得はレスターの心臓であったカンテですね!マティッチとポジション被るのかな?マティッチはレアルマドリーに移籍か?
コンテ色はどう出るか?4-4-1-1のアザールをトップ下はうまくいくのでしょうか?

アーセナルは、相変わらずにCFの補強はできないですね、ジルークラスではもうだめ、真のワールドクラスをとれなければ優勝できないでしょう。イグアインをとれなかったのは残念。

トットナムは、去年は最後の最後で失速して優勝逃しました。ちょっとレスターが神懸かりすぎたのがありますが、実力的には優勝狙えそう!ケインも移籍はしないでしょうから、今年は楽しみです。

リヴァプールは、戦力的にはパッとしないかな、スアレスぐらいのタレントがいればいいんですが・・、クロップは初のフルシーズン戦うことになるので、選手を成長させてぜひビック4に返り咲いて欲しい!

レスターは、今のところカンテのみの放出に留まってますね、ただやはりカンテの代役がしっかりしないと去年並みの成績は残せないでしょう、未知のチャンピオンズリーグでの戦いも待っていますね、岡崎のゴールが見たいですね!

8月からプレミア開幕しますね!
楽しみです。

ユーヘイ

関連記事
EURO2016 優勝はポルトガル! 


スポンサードリンク



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

EURO2016 優勝はポルトガル! [海外サッカー]

-shared-img-thumb-YAGI21511151815111518_TP_V.jpg

こんにちは!

ユーヘイです!

EURO 2016 優勝はポルトガル!

予想は外れまくりました


スポンサードリンク




決勝はフランスVSポルトガルでした!

開催国のフランスはグリーズマンのMVPが決まるも、準優勝にとどまる!

下馬評は高くなかった小国ポルトガルがまさかの優勝です!

ポルトガルはグループリーグでは3分けの3位でギリギリの決勝トーナメント進出!
結果的にこれが功を奏して日程が有利な山へ入りました。

対してフランスはA組1位通過にも関わらず日程不利な山に入るという、今までの国際大会ではありえない状況ながら、勝ち抜きましたが残念。
フランスの山は1回戦からイタリアVSスペインでまさかのイタリアが勝ち、そのイタリアをPKで制したドイツをフランスが倒すという劇的な山でした。

さらにハンガリー、アイスランド、ウェールズといった小国が健闘したのも盛り上がりました!

クリスティアーノ・ロナウドは2016年はチャンピオンズリーグとのダブル達成でバロンドール最有力候補ですね!

株を上げた選手は
ポルトガルの新鋭 レナトサンチェス!驚異の18歳で1ゴールゲット、既にバイエルンミュンヘン移籍は決定していたので、今後の活躍が楽しみ

フランスのパイエは遅咲きながらブレイク!市場価値も上がっただろうし、ビッククラブも動くか?


今後の移籍市場とリオ五輪が楽しみです!

ユーヘイ

関連記事
EURO2016決勝カードが決定!

スポンサードリンク



nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

EURO2016決勝カードが決定! [海外サッカー]

-shared-img-thumb-YAGI21511151815111518_TP_V.jpg

こんにちは!

ユーヘイです!

EURO 2016 ついに決勝のカードが決まりましたね!



スポンサードリンク




決勝はフランスVSポルトガルでした!

このカードは予想できなかった!
多分、2006年ワールドカップ準決勝で当たっていて、当時はジダンのゴールでフランス勝利で決勝でジダンが頭突きしてMVPとって引退するという話題が多い時でした!

フランスは開催国というこで注目国として紹介はしていましたが、スペインやドイツと同じ山で勝ち上がるとは思いませんでした!
パイエのスーパーゴールを皮切りにジルー、グリーズマンがコンスタントにゴールを重ねて、グリーズマンは既に6得点で得点王確実です!一番市場価値を上げる選手になるでしょう!

ポルトガルもまさか勝ち上がるとは!タレントはロナウドとペペ以外はパッとしない印象なのと、開幕前からの不調を引きづる様子で、準々決勝までの5試合すべて引き分けでPK戦でギリギリ上り詰めていて、まさかの無勝優勝さえ考えた、ある意味ダークホースですね!
準決勝で絶好調のウェールズを下して、勢いは得た感じです。

最初の優勝予想はハンガリーだったのですが、外してしまいました!
が、改めて予想はフランス優勝です!グリーズマンの大会になるんじゃないかな!

ユーヘイ

関連記事
EURO2016 優勝予想はハンガリー!決勝トーナメント進出チーム決定

スポンサードリンク



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イギリスがEU離脱するとサッカーにも影響でるんじゃないか? [海外サッカー]

YAGI21511155915111559_TP_V.jpg

こんにちは!

ユーヘイです!

なんと、まさかのイギリスがEU離脱が決定!
世界経済が下降するのは免れないのか?
というかサッカーの特にプレミアリーグに影響必至じゃないか?


スポンサードリンク





まずはポンド安が拡大してしまったので、選手獲得のための移籍金がめちゃ高くなってしまう!
いい選手が取りにくくなりますよね!
それよりもむしろ他国にとっては買いやすくなるから、プレミアリーグの選手が流出しやすくなるって方がヤバイかも!
せっかく、イブラヒモビッチ、ギュンドアンなどがプレミア移籍してくるのにこのお話はなかったことにとはならないか?
レスターの選手も取られたら盛り上がりに欠けるしー

あとは今のプレミアリーグの制度だとEU圏の国籍を持つ選手は外国人とは見なされないのですが、それが無くなるかも!
南米の選手も二重国籍の恩恵を受けてる選手も駄目になるのでは
(アルゼンチン人でもおばあちゃんがイタリア人なら、プレミアリーグでは外国人ではなくなるのです。)
(この問題から、過去の日本人は労働ビザが下りなかったりでプレミアリーグに挑戦できないパターンが多かった)

むむ!

これはいかん、政治と経済にはこのさい目をつむるが、サッカーにまで影響されちゃかなわんわ

せめてEURO2016には水を差さないようにして欲しいなあ

ユーヘイ

関連記事
EURO2016 優勝予想はハンガリー!決勝トーナメント進出チーム決定

イギリスがEU離脱か?国民投票は6/23!


スポンサードリンク



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

EURO2016 優勝予想はハンガリー!決勝トーナメント進出チーム決定 [海外サッカー]

201606230922383a5.jpg

こんにちは!

ユーヘイです!

ユーロ2016はグループステージが終了!決勝トーナメント進出チームが決まりました!


スポンサードリンク





注目はやはり、イタリアVSスペインでしょうか?

意外に強いイタリアと意外に2位通過のスペインが当たってしまいましたね~
地力ではスペインでしょうが、イタリアの方がツキがありそう!

まさかのポルトガルが3分けでギリでトーナメント進出、クロアチア相手ではちょっと無理かな、クロアチアとしてはもうちょっと楽な相手と戦いたかったでしょうが、勝てるのでは?

首位通過のハンガリーは今大会の大穴でしょう!2004のギリシャとなるか?
ベルギー、ウェールズ、クロアチアを下して決勝までゆくのも面白い!

フランスVSイングランドも見てみたい!

ドイツはあまり調子良くなさそうー

現在の優勝予想はズバリ! ハンガリー! 知ってる選手が全然いないが、ポルトガル戦見る限りでは勢いがありそう!

まだまだ楽しみは続きますね!

ユーヘイ

関連記事
EURO2016 ベイルが絶好調

スポンサードリンク



nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

EURO2016 優勝予想はハンガリー!決勝トーナメント進出チーム決定 [海外サッカー]

201606230922383a5.jpg

こんにちは!

ユーヘイです!

ユーロ2016はグループステージが終了!決勝トーナメント進出チームが決まりました!


スポンサードリンク





注目はやはり、イタリアVSスペインでしょうか?

意外に強いイタリアと意外に2位通過のスペインが当たってしまいましたね~
地力ではスペインでしょうが、イタリアの方がツキがありそう!

まさかのポルトガルが3分けでギリでトーナメント進出、クロアチア相手ではちょっと無理かな、クロアチアとしてはもうちょっと楽な相手と戦いたかったでしょうが、勝てるのでは?

首位通過のハンガリーは今大会の大穴でしょう!2004のギリシャとなるか?
ベルギー、ウェールズ、クロアチアを下して決勝までゆくのも面白い!

フランスVSイングランドも見てみたい!

ドイツはあまり調子良くなさそうー

現在の優勝予想はズバリ! ハンガリー! 知ってる選手が全然いないが、ポルトガル戦見る限りでは勢いがありそう!

まだまだ楽しみは続きますね!

ユーヘイ

関連記事
EURO2016 ベイルが絶好調

スポンサードリンク



nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 海外サッカー ブログトップ