So-net無料ブログ作成

新築マンションのモデルルーム見学GOでQUOカードをゲット! [住宅]

AXIS85_italymm14044243_TP_V.jpg

こんにちは!

ユーヘイです!

私も今年で33歳のサラリーマンです。妻と賃貸で二人暮らしですが、将来的には子供も欲しいので、自分の持ち家をゲットすべく、いろいろと不動産を見て回っております。

そこで近くの新築マンションのモデルルーム見学に行ったところ衝撃の事実が!

なんと見学するだけでQUOカード5,000円分ゲット!さらにSUUMOからもQUOカード1,000円分ゲット!

スポンサードリンク





電車の中づり広告やポスト投函チラシで、みなさんも新築マンションのモデルルーム見学ってのはよく見かけますよね、私も特に独身時代は見向きもせずにゴミ箱に捨ててましたが、

いざ自分が買おうかな~とか思うと興味深いもので、チラシに引かれて連絡してみようかなと思いました!

さあ、ここでちょっと待った。

チラシから直接電話するんじゃなくて、まずはネットで検索しましょう!

私は住宅検索にはSUUMOを利用していますので、まずSUUMOから検索、同じ物件はありました!
SUUMOから新築マンションのモデルルーム見学の予約をすればQUOカード1,000円分がもらえる!というキャンペーンをやってるところが多いので、ぜひ活用して交通費の足しにしましょう!

早速SUUMOから予約すると、あっちから電話かかってきて、訪問日を決定!(電話代も浮きます)
近くだったからチャリで行きました。

総戸数600以上の大きなマンションでした!駅徒歩5分以内でキレイでいい感じです。

早速モデルルームに入り、最初は15分ほどのプロモーションビデオを見せられました。なんか金かけてるな~って感じでした。

そのあと実際の部屋を見学、
普通のモデルルーム見学は現地とは別のところにあるんですが、今回の物件はすでに完成されていたので、まだ売れてない実物の部屋を見せてもらうことができました。
だいたい3LDKの65~80m2 くらいが多くて、部屋が広くなるほど、階数が高くなるほど価格は高くなり、あとは南向き、東向き、西向きとか角部屋だとかの要素で価格は変動します。

私はなんとなく3,000万円くらいの価格の物件ならば余裕のある返済ができるのではないかと試算していまして、このマンションの最安価格帯が2,980万円3LDKの65m2 だったのです。

早速見せてもらったのですが、ガッカリでした
部屋は西向きで東方向にある洋室2部屋は採光がとれずに非常に暗く、しかも両方5帖程度の広さで角は柱による出っ張りがあり、非常に狭く感じる、という点が全く気に入りませんでした。

南向きの部屋もみせてもらったのですが、価格が3,580万に跳ね上がり、柱の出っ張りも変わらずだったので、ここも却下。
んーやはり実物を見ると気に入らない点がたくさん出てくるのだと痛感しました。

しょぼしょぼしながら、担当者さんとお話しして、感想を言って、気に入らなかったと伝えました。
そしたら最後にくじを引いたら豪華賞品があたりますよということで、引いたら5等でした。

ちぇ 5等かよ~ どうせティッシュでしょーが

「おめでとうございます、QUOカード5,000円分が当たりました」

!!

マジで?QUOカードなんてほぼ現金ですよ!大抵のコンビニで使えます、それが5,000円も?
俺、ここのマンション買わないけど、こんなにもらえるの?
ってか1等なら何もらえるんだよ・・

まあいっか、あとSUUMOを見て来ましたの一言を忘れずに伝えましたら、後日SUUMOからQUOカード1,000円分ゲット!
合計6,000円也

マンションの説明は長いのでなんだかんだ3時間くらいは拘束されるのですが、それでも時給2,000円です。

いやーありがたいですね!
こりゃ他のマンションも見に行って荒稼ぎだな!

後日、ほかのマンションも見ましたけど、ここではQUOカード1,000円分だったので、そのマンションごとに額が違ったり、もらえなかったりするそうですね、事前にもらえる賞品をチェックしてから行くとよいでしょう!

ラッキーとばかり思うだけではいけません。
この賞品のお金はどこから出てくるのでしょうか?不動産が出してるのか?いや、一人5,000円なんて馬鹿らしくてできるわけないんです。
このお金はマンションを購入した人が払っているのです!!

正確には、こういった客寄せのためのプロモーション費用(中づり広告、ネット広告、チラシ、PV作成、モデルルーム作成、人件費などなど)はすべて物件価格に上乗せされているわけです!
つまり実際の土地、建物の価格はもっと安いのです!
これが新築マンションの怖いところですね!こういう費用が中古マンションや建売戸建て物件と違って大規模にプロモーションやるもんだから他人のために金払うことになるんです。

だから私は感謝します。将来、このマンションを買うであろうあなた、あなたから私は5,000円もの大金をいただきました。マジ感謝!マジリスペクト!

冷やかしは良くないですから、まったく買う気がないのにモデルルーム見学しちゃダメですけど、ちゃんと探しているなら、じゃんじゃん見に行って、もらえるものはもらいましょう!


ユーヘイ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


スポンサードリンク



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

住宅の「賃貸と購入どっちがいいの?」に答えなどない!難しく考えるな! [住宅]

AXIS85_italymm14044243_TP_V.jpg

こんにちは!

ユーヘイです!

自分が住む家を考えるときに

「賃貸と購入どっちがいいの?」 って絶対考えちゃいますよね。

果たしてどちらが正解なのか?得な方を選びたいなーって思いますよね!

あえて言おう!

答えなどない!難しく考えず、自分の好きな方を選べ!

スポンサードリンク





だいたいは、結婚したとき、子供が生まれたとき、子供が大きくなってきた時の3つのポイントで初めて住宅購入の可能性を考えますよね!

私も結婚してすぐは賃貸に住んでまして、毎月94,000円も払ってるのが馬鹿らしいなあと感じていました。
でも何千万も借金して家買うのも大変そうだしなあ
とか考えました。


まず、この「家賃がもったいない」という感覚は大丈夫なのか?
実際に不動産の仲介営業者に何度も言われた言葉があります。
「賃貸で住むと、いくら家賃を払っても家は自分のものになりません。購入すると、ローンが終われば(この物件は)あなたのものになりますよ!」

私はこの言葉に理由はわからなかったのですが、なんか騙されてるような気がしてならなかったのです。

今でも本当に正しいのか正しくないのかはわかりませんが、

前提として、賃料とはだいたい相場があって、大きく外れるような賃貸はありません(というか選ばれません)。
そして購入するにしても同様に相場から大きくは外れないでしょう。

どちらもメリット、デメリットがあり、そのリスクを加味された金額を支払っているのでその価値は同一であるというのが基本的な考え方であるように思います。

そもそも、どちらかがはっきりとメリットがあると言えるのなら、もう答えが出ているはずで、こんな論争は起こりえません。

それでも日本の慣習としては、家を持ったら一人前みたいな感覚があるので、どうしても持ち家派の割合は多くなります!

要するに好みなんですよ!個人の!

「住宅ローンの金利が低いから購入した方がいい」は逆を言えば、「今後住宅ローンの金利は高くなるから購入しない方がいい」とも取れますよね

だから、どっちにしろ、正当な理由を主張できますよ!

なんで、どちらかをめちゃくちゃ推してくるような人の話は無視していいと思います。

だってどっちもメリットあるし。

細かい計算とかしていけば、差は出てきますけど、全く同じ土地の全く同じ建物を賃貸するか購入するか?の比較なんかできるわけないし、この論争をそこまで掘り下げて考えるのは無駄な気がします。

シンプルに考えましょう!

自由に移り住める賃貸

自分の所有物になる購入

どちらか好きだと思う方を選択しましょう!


私は自分の資産が欲しいので購入派です!
住宅ローンについてこれで勉強しようと思います。


ユーヘイ


関連記事
新築マンションのモデルルーム見学GOでQUOカードをゲット!

住宅ローン減税(住宅ローン控除)について知っておこう!

スポンサードリンク



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

住宅ローン減税(住宅ローン控除)について知っておこう! [住宅]

AXIS85_italymm14044243_TP_V.jpg

こんにちは!

ユーヘイです!

住宅を購入しようと思ったときに

絶対に考えなければならない

ことの一つに 住宅ローン減税 があります。

スポンサードリンク





住宅ローン減税は政府による住宅支援策の一つです。
正式名称は”住宅借入金等特別控除”で通称:住宅ローン減税と呼ばれています。

庶民が住宅購入しようとして、住宅ローン2,500万円組まなくてはならい!ってことになると、どうしても二の足を踏みますよねー
そこで、政府は背中を押すためにこの減税制度を作りました!

毎年12月時点の住宅ローン残高の1〜1.2%を税控除(税額控除)することができるというものです。
1.2%は条件が厳しいので、大抵の人は1%の税控除が適用されます。
ローンを組んだ年によって、いくらまでの残高が対象となるか変わりますが、2014年4月1日~2019年6月30日に住宅ローンを組んだ場合は4000万円までの残高を税控除することができます。
そして適用期間は10年間です!
35年ローンだろうが20年ローンだろうが、適用されるのは10年間なので、この10回のチャンスを逃さず使いましょう!

控除率が1%だとすると最高で年40万円の所得税・住民税を節税することができるわけです。
10年間で400万円ですから、これはめちゃくちゃ大きいです!!!
絶対に利用してください。
この減税は「所得税」からまず行われ、それで控除しきれない場合は「住民税」からも控除されることになります。

年収500万円の人だと、だいたい所得税が15万円、住民税が20万円(かなりアバウト)で考えてみます。

仮に2,500万円のローン残高があるとします。
住宅ローン減税による控除額が25万円です。
その人の所得税が15万円、住民税が20万円という場合、所得税15万円では全額を引けないため住民税からも差し引き、翌年の住民税が10万円になるという計算になります。

ふるさと納税で確定申告をしたことがある人は分かると思いますが、所得税分の控除はサラリーマンだと所得税は既に毎月引かれているので、還付金として指定した口座に振り込まれます。住民税分の控除は6月頃に通知される住民税額決定通知書に既に減税された分の支払予定額が書かれていますので、還付金はありません。

注意しなければならないのは住民税分の控除額の限度が136,500円だということです。

仮に4,000万円のローン残高があるとします。
住宅ローン減税による控除額が40万円です。
その人の所得税が15万円、住民税が20万円という場合、所得税15万円では全額を引けないため住民税からも15万差し引きたいところですが、13.65万までしか差し引かれません。
つまり、控除の枠は40万まであるにもかかわらず、合計28.65万円しか控除できないのです。

なんかもったいないですよね、うまく控除枠を使えるように、借り入れる金額を低めにしておくとか考えると良いと思います。

さらに注意点は、年数が経つにつれて、ローン残高は減っていきますから、それに伴って控除額も減ります。
30代くらいで家を買えば、年収は徐々に上がっていくはずですから、所得税と住民税も上がります。その時に、繰り上げ返済ガンガンしまくって、ローン残高を減らしすぎてると、控除の恩恵が受けづらくなるというジレンマもあります!常にアンテナを張る必要があるということですね!



ユーヘイ


関連記事
新築マンションのモデルルーム見学GOでQUOカードをゲット!

昨年ふるさと納税したので、確定申告に初挑戦!結果は作戦勝ちでした!

スポンサードリンク



nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感